Ayumi Hamasaki NEWS 浜崎あゆみ

2014年06月

浜崎あゆみさんがa-nationに出演する事が発表されました。
その模様をお届け。



Twitter







News記事


“a-nation”スタジアム出演者に浜崎あゆみ、BIGBANG、東方神起ら14組 | WHAT's IN? WEB

<a-nation stadium fes.>ヘッドライナーに浜崎あゆみ、東方神起、BIGBANG | a-nation | BARKS音楽ニュース

a-nation stadium fes. あゆ、東方神起、BIGBANG、ABCら出演14組を発表 | エキサイトミュージック(音楽)








■下記WHAT'sIN? WEBから引用。


今年13年目を迎える国内最大級の夏フェス“a-nation”が今年も開催。“a-nation stadium fes. powered by inゼリー”として、東京・味の素スタジアムにて3日間にわたり実施される。

そして本日、第1弾出演者が発表となった。

8月29日はヘッド・ライナーにBIGBANGを迎え、Acid Black Cherry、ケツメイシ、さらに今回初登場となるWINNERが出演。

8月30日のヘッド・ライナーは昨年のstadium fes.大阪、東京公演に出演した東方神起。さらに Every Little Thing、KREVA、May J.、ソナーポケットが参加する。

最終日、8月31日は浜崎あゆみが通算11度目のヘッドライナーを務める。 AAA、m-flo、SUPER JUNIOR DONGHAE&EUNHYUK(初登場)、TRFの出演が決定。総勢14組の豪華アーティストが会場を盛り上げる。

今後も追加アーティスト情報・イベント詳細は随時発表される予定。

浜崎あゆみからのコメント
今年もa-nationに出演させていただくことができ、とてもうれしく思います。皆さんにとって最高の思い出となるステージをお届けしたいと思います。今年の夏も一緒に盛り上がっていきましょう! 会場で会えるのを楽しみにしています!



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

大阪で6月11日~14日まで開催されている歌姫浜崎あゆみさんのLIVE『ayumi hamasaki PREMIUM SHOWCASE ~Feel the love~』のA一座の様子を紹介します。



Twitter




浜崎あゆみ

浜崎あゆみ






浜崎あゆみ































































浜崎あゆみ


























    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

5月30日から開催されている『ayumi hamasaki PREMIUM SHOWCASE ~Feel the love~』でプレゼントされる会場限定CDのJacket写真を公開します。



◆2014年5月30日、5月31日、6月1日
【名古屋】日本ガイシホール
『XOXO / Terminal』

浜崎あゆみ XOXO / Terminal



◆2014年6月12日、6月13日、6月14日、6月15日
【大阪】大阪城ホール
『Angel / Lelio』

leio


◆2014年7月3日、7月4日、7月5日、7月6日
【東京】国立代々木競技場第一体育館
『What is forever love / NOW & 4EVA』

浜崎あゆみ What is forever love / NOW & 4EVA




浜崎あゆみ




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

歌姫浜崎あゆみさんの楽曲『No way to say」と『LOVE~Destiny~』のショートフィルムが、アカデミー賞公認映画祭で上映される事になりました。
その際のNews記事を集約させました。



News記事 ショートフィルム完成編


あゆやELTなどの人気楽曲の世界観をモチーフにしたショートフィルムが完成!! | webザテレビジョン: エンターテインメントニュース

あゆ、絢香の名曲がモチーフのショートフィルムプロジェクト 斎藤工の監督作品に注目 - 映画 - ニュース - クランクイン!

浜崎あゆみ、絢香らの曲を題材にSSFF & ASIAとUULAがショートフィルムを製作 - CDJournal ニュース

浜崎あゆみ、絢香らの名曲をショートフィルムに!アカデミー賞公認映画祭で上映 - シネマトゥデイ

浜崎あゆみ、絢香、AAAらの楽曲がショートフィルムに。<SSFF&ASIA 2014>で特別上映も | 浜崎あゆみ | BARKS音楽ニュース

斎藤工、大橋トリオ「HONEY」を映像化!SSFF&ASIAで上映&UULA配信も : 映画ニュース - 映画.com



映画 - ニュース - クランクイン!より引用


浜崎あゆみや絢香ら、豪華アーティストの人気楽曲の世界観をモチーフに描かれた6本のオリジナルショートフィルムが完成し、5月29日から開催される「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2014」(通称:SSFF&ASIA2014)で公開が決定。俳優・斎藤工の監督作品などの注目作が揃っている。

本企画は、音楽・映像業界の活性化や新たな才能の発掘を目的に、アジア最大級の国際短編映画祭「SSFF&ASIA2014」とスマートフォン向け総合エンタメアプリ「UULA」の、ショートフィルム特別製作プロジェクトとして発足。作品は、同映画祭のミュージックShort部門「UULAアワード」に出品される。

 いずれも名曲と映像を融合した秀作だが、注目は俳優の斎藤工が監督した『半分ノ世界』。マルチな才能を持つ斉藤が、大橋トリオの「HONEY」をモチーフに仕上げた作品である。また、昨年の同映画祭同部門の受賞者・門馬直人監督が浜崎あゆみの「LOVE~Destiny~」をモチーフに制作した『君を想う』も前評判が高い作品だ。

 映画祭の代表を務める別所哲也は「音楽から生まれたショートフィルムが、国内外の国際短編映画祭で上映され、UULAでも配信されるというプラットフォームは、エンタテインメントの新たな形と可能性を指し示しているのではないでしょうか。各アーティストのファンはもちろん、映画好きの方も今回の特別製作作品をきっかけに音楽を好きになってもらえたらうれしいです」とコメントを寄せた。

 「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2014」は5月29日から渋谷ヒカリエホールAほかで開催。詳細は公式サイトまで。



News記事 配信開始編

浜崎あゆみ、大橋トリオら楽曲がモチーフのオリジナルショートフィルムを配信開始 | 浜崎あゆみ | BARKS音楽ニュース

浜崎あゆみなどの楽曲をショートフィルムへ、全6作がUULAで順次配信 - CDJournal ニュース

菜々緒、赤のセクシードレス姿で美脚披露「貴重な体験でした」 | マイナビニュース

斎藤工初監督の短編「半分ノ世界」は「人の本質的なつながり描いた」と自信 : 映画ニュース - 映画.com

菜々緒、映画で“自動販売機”役に! 「悪女役ばかりだったので…嬉しい」 | シネマカフェ cinemacafe.net



BARKS音楽ニュースより引用


人気俳優・齊藤工をはじめとする6人の若手クリエーターが、大橋トリオや浜崎あゆみなどの作品をモチーフに、独自の視点と自由な発想で映像化。このオリジナルショートフィルム6作品が、5月29日(木)よりソフトバンクモバイルのスマートフォン向け総合エンタメアプリ「UULA」にて順次配信開始となった。

6作品は、音楽・映像業界の活性化、新進気鋭の若手クリエイターの発掘を目的に昨年発足した、アジア最大級の国際短編映画祭<ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(略称:SSFF & ASIA)>とUULAとの特別製作プロジェクトとして、映像と音楽の融合をテーマに製作された。

本プロジェクトでは、新進気鋭の若手クリエーターが、楽曲の歌詞に込められた世界観をもとに、物語を生み出すという新たな映像表現に挑戦。今やミュージックビデオの定番にもなったストーリー仕立ての演出や、近年、注目が集まるリリックビデオといった表現手法とも一線を画す新提案として、音楽が持つ魅力を新たな視点で切り取った、誰もが楽しめる映像作品として仕上げている。

注目は、マルチな才能を発揮する俳優・齊藤工が監督を務めた『半分ノ世界』。大橋トリオの人気楽曲「HONEY」から生まれた、普段はすれ違うこともない、全日制高校に通う一人の女子高生と、定時制高校に通う青年との、机の落書きを介した心の交流を描いた物語。わずか15分にも満たないショートフィルムの中で、移りゆく繊細な心の機微を描いた本作は、長編映画とは違ったショートフィルムならではの凝縮された強いメッセージ性を感じさせる。

また、昨年の<SSFF & ASIA 2013>のミュージックShort部門でUULAアワードを受賞した門馬直人監督作品『君を想う』は、感涙必至のラブストーリー。余命わずかな主人公と、それを見守る恋人との“最後の一日”を描いた物語は、浜崎あゆみの名曲「LOVE~Destiny~を」モチーフに生まれた。

他4作品も、クリエイターそれぞれの魅力が詰まった、個性豊かなショートフィルムが完成している。

■ 門馬直人 監督コメント

「LOVE ~Destiny~」がリリースされた15年前、僕は20代半ばでした。当時、カラオケに行き、女の子が一人でもいれば必ずと言っていいほど、この歌を聞きました。それこそ、飽きるほどです(笑)。音楽の持つ「その時代の記憶を喚起させる力」というのでしょうか? 15年経って聞いた久しぶりの「LOVE ~Destiny~」は、僕の鼻の奥をツンとさせました。

映像化を考え始めた時、音楽・歌詞ともにピュアなこのラブソングを前にして、そんな感傷的な感覚や、当時感じていた純粋な恋愛観を強く意識させられたためか、「素直で、まっすぐで、純粋な物語で、愛をシンプルに描く」という世界観の大柱は自ずと決まっていきました。

脚本にするにあたって、歌詞全体が物語的心情描写の強いものでしたので、「その歌詞をそのまま受け入れよう」というのが脚本の一雫ライオンさんとの共通認識でした。

そしてもう一つの共通認識は「収束のある物語にしよう」と言うこと。さて、ではどういう物語にしようか? と喫茶店で向かい合ってしばらくブレストをしている中で、「これを、こういう風にしない?」とライオンさんが指差した一つの歌詞ブロックが物語の内容を決定づけることになりました。その歌詞は「真実と現実の全てから目を反らさずに、行きて行く証にすればいい」。これがキーワードとなり、結末を含め、物語の構成を確定させ、「君を想う」というタイトルを生み出すことになったのです。

そこからは一気に進行し「ほんのささやかな事を 幸せに思える 自分になれた」「ありふれた言葉でも ふたりで交わすなら意味を持つから」という2つの歌詞ブロックを、語り口のトーンに決めて、主人公2人のキャラクターの在り方の大きな柱としました。それは大成功でした。脚本第1稿が上がってきて、僕は読むなり泣いてしまいましたから。

脚本で、この作品のトーンが非常に明確になったおかげで、映像自体の表現方法も非常に明快になったと思います。カラーグレーディングを例にしても、元来僕は、コントラスト強め、発色強めまたはカラーバランスをどこか強めにするのが好みなのですが、今作品は、その世界観を表現するために、コントラストを弱め、色調もできるだけ柔らかくするといった手法をとりました。

この柔らかさが、浜崎さんのこの楽曲での歌声と良いバランスでシンクロすることにつながったと思っています。

■ 齊藤工 監督コメント

大橋トリオさんの「HONEY」のミュージックビデオが素晴らしいクオリティーで既に世界観など完成形だったので、あまり楽曲にとらわれ過ぎないようにしました。なので、ドラマを制作するにあたり歌詞の物語や世界観をどのように展開できるかを考えました。もちろんメロディーや楽曲の雰囲気の残像はありましたが、全く別の切り口でドラマを発信しないと失礼な作品になってしまう思ったので、脚本に一番時間をかけて一番大事にしたところでした。脚本も信頼している金沢知樹さんにお願いするなど、監督というのは素晴らしいクリエイターにゆだねたり、託す立場なんだという事を体感しました。

UULAでご覧になる方は、ボリュームを大きくして観てもらいたいです。というのも、映画館の劇場仕様の音作りにこだわりました。自分が映画を観る時、ビニールをつかむ音などの生活音にこそ映画である意味をもっていると思うので、映画祭ではミュージックショート部門での上映ということもあるので、音を意識的に体幹してもらいたいと思います。

【UULAオリジナルショートフィルム 配信概要】
・「キャンとスロチャン」 楽曲:浜崎あゆみ「no way to say」
 配信日:5月29日(木)
 監督:宮崎光代
 出演者:Sheryar Khan、菜々緒、でんでん 他




・「君を想う」 楽曲:浜崎あゆみ「LOVE~Destiny~」
 配信日:5月29日(木)
 監督:門馬直人
 出演者:倉科カナ、駿河太郎 他




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

30日から開催され話題沸騰の『ayumi hamasaki PREMIUM SHOWCASE ~Feel the love~』の名古屋公演のA一座の様子を紹介!






浜崎あゆみ























































































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ